名古屋で営業する美容外科を利用して効果的なレーシック

非常に高い精度が求められるレ−シックの手術なのですが、それでも外科手術の中では最も安全性が高い手術となっています。
今では世界中で行われている施術であり、日本でも全国の美容クリニックで導入されています。

 

レーシックは網膜を扱っているのではなく、角膜の一部を削る手術であることから、失明するというリスクはほとんどありません。
ドライアイやハロー・グレア現象などといった後遺症がありますが、すぐに改善されるのでご安心ください。
レーシック手術をしても視力が回復しないという事例は確かにあるかもしれません。
最も心配してしまう失明についてですが、これも世界中で報告されていなく皆無と言えます。



名古屋で営業する美容外科を利用して効果的なレーシックブログ:20180921

脂肪のつき方をくだものの形にたとえて、
お尻や太ももなど
下半身が太いタイプは「洋ナシ型」、
お腹回りが太いタイプは「リンゴ型」と
呼ばれています。

自分がどちらのタイプかを把握すれば、
太りやすい原因や解消法がわかるので、
効果的に減量ができますよ。

まず「下半身太り」の洋ナシ型肥満は女性に多く
皮下脂肪がつきやすく、なかなか落ちないのが特徴です。

洋ナシ型肥満の方にピッタリな減量法は…

食事面では、
脂肪の多い肉、揚げ物、ケーキ、おやつなど
脂肪の多いものは控えめに!

メインのおかずは後回しにして、
野菜のおかずやライスから食べると
脂肪の吸収を抑えることができますよ。

脂肪の代謝を助ける、
レバー、さば、納豆、モロヘイヤ、まいたけ、海苔など
ビタミンB2を多くとりましょう。

体操面では
サイクリング、スクワットなど下半身を使った筋トレがおすすめ。
半身浴やマッサージなどで、血行を促進しましょう。

次に「上半身太り」のリンゴ型肥満は
男性、更年期を過ぎた女性に多く
内臓脂肪がつきやすく、動脈硬化、糖尿病などの
生活習慣病を招く恐れがあります。

リンゴ型肥満の方にピッタリな減量法は…

食事面では
ライス、菓子パン、麺などの炭水化物、
甘いもの、ビールは控えめに
くだものは適正量を守りましょう。

おかずを食べてからライスを食べるようにして、
ライスの量を減らすのがポイントです。

糖質の代謝を助ける
豚肉、ぶり、きな粉、枝豆、落花生、ひじきなど
ビタミンB1を多くとりましょう。

体操面では
ジョギング、ウォーキング、水泳などの有酸素体操が効果的。
内臓脂肪が燃焼し、お腹回りがすっきりしますよ。